沖縄でソルトスパを体験

沖縄は天然素材に恵まれた島ですが、そこでとれる素材からは人の体にとても有効な美容効果や健康効果を得ることができます。
沖縄の離島の一つ石垣島では、島原産の塩を使った特殊なエステが行われています。
石垣島では原産の塩が名産品として販売されていますが、食用以外にもその塩を使うことで体によい影響を与えることができる方法があります。

例えば石垣の塩の材料である美しい石垣周辺の海水をさらに高濃度に濃縮したスパに入ることによるミネラル浴や、
塩を使ったトリートメントを体に浸透させるといったことです。
石垣島にある「美塩(びあん)」は、そんな塩を使ったミネラルセラピーの専門店です。

石垣島「美塩」のメニューとしては、まず海水を濃縮した各種ミネラル液に体をひたすというミネラル浴が人気です。
高濃度にした海水は浮力が強くなるため、水着を着てその浴槽に入ると体が楽に浮き上がります。
このぷかりと浮いた状態をゆっったりと過ごすことにより、体内にミネラルを浸透させ、
またまるで中に浮かんでいるかのようなリラクゼーション効果を得ることができます。

またその他にも、オリジナル化粧品を使ったアロマオイルでのフェイシャルトリートメントや足の裏を重点的にツボ押しすることで
全身の体調を整えるリフレクソロジー、フットケア、アロマトリートメントといったものも多数用意をされています。
いずれも石垣島・沖縄原産の材料にこだわり、自然の力を体の中に入り込ませることにこだわりを持った施術内容となっています。

実はこうした塩を使ったエステは歴史的にはかなり古く、世界各国で行われてきた有名な美容方法であったりします。
いわゆる「塩もみ」といわれるもので、塩を使った製品を体に浸透させることは、大変効果が大きいということがわかっています。
塩を使ったマッサージの効果が高い理由のとしては、まず人体になじみがよい浸透力があるということと、もう一つ、
マッサージをするときに肌に感じるつぶつぶの感触がほどよい刺激になるということも関係しています。
塩を使ったエステ方法は歴史が長い分大変複雑な方法が取られるようになっており、その土地でとれる塩の材質を生かした方法がそれぞれにとられるようになっています。

沖縄の離島は大変に景色もよく、観光に訪れるなら全てのシーズンでとてもよい思い出になります。
沖縄離島観光をするなら、ぜひ一度この塩を使ったエステ・スパを体験してみてください。

Comments are closed.