痛みを効果的に伝えるには?

痩身エステの悩みの一つ「痛い」

痩身エステを実際に体験したという人の話を聞いてみたとき、失敗談としてよく聞かれるのが「痛くて仕方なかった」というようなものです。

人によっては大成功して本当に嬉しいというような感想を言う人もいる一方で、そんな痛みを感じてしまうことで「もう二度とやりたくない」というような感想を持ってしまう人もいるのが実情のようです。

全く同じ施術を受けてもそれを最高だと思う人もれば、もういやだと思ってしまう人がいるというのは不思議なことですが、体質はそれぞれ異なるものですからある意味それは仕方のないことでもあります。

ただそうした「痛い」という悩みを持つ人の場合、中にはそんな痛みを正直にエステティシャンや施術師の方に伝えていなかったりということもよくあります。

もし実際に痩身のためのエステを受けていて、とても痛いと感じるようなことがあったならそれを隠すようなことはせず素直にそう伝える方が結果的によい内容のサービスを受けることができます。

痛いときは素直に口に出すのが大切

とはいえ、何か施術を受けているときに痛みがあったときにはつい「これはそういう施術なんだろう」と思って遠慮をしてしまうようなこともよくありますね。

なんとなくではありますが、痩せるという結果を得るためには多少のそういった不快感があるのは仕方がないという先入観が入ってしまうがために、痛くてもそれに耐えなければ痩せられないというような考えで我慢をしてしまうこともあります。

ですが施術を受けていて明らかに痛いというときには、それがそもそも体質に合っていないか、まだそこまでの強い施術を受けられるほど体の準備ができていないというようなことが考えられます。

なのでもし施術中に強い痛みがあったなら、素直に「痛いです」と口に出すようにしてください。

エステティシャンの方も鬼ではないのですから、そこで「痛い」といった人に対して「我慢しなさい!」とは言いません。

むしろその意見を効くことでその人の体質を見抜いてより効果の高い方法を提案してくれたりします。

痛みを感じやすい体質や施術

痛いと感じやすい痩身施術はいくつかあります。

例えば一時期大流行した「タイ式マッサージ」のような強目の力を込めるマッサージ方法がそれです。

インド式マッサージのアーユルヴェーダももみだしをしている時に人によっては痛みを伴うことがあるようです。

他にも痩身マシンを使用中に痛みがあることもありますが、痩身エステでの痛みの悩みの大半はそれらハンドマッサージであることが多いようです。

強めのマッサージを受けた時、その人の血行の状態があまりよくなかったり、肩こりなどがひどすぎる状態になっていたり、あるいは体がもともと固かったり毛細血管が細かったりすると、それがもとで強い痛みを感じることがあります。

そうした体質のどれかに当てはまる人は特に痛みが強くなりがちなので、あらかじめ「痛みに弱いのでできたら力をいれないようなマッサージ(施術)でお願いします」といったようなことをカウンセリングの時に伝えておきましょう。

実際に施術に入ってからよりも、カウンセリングの時にそう伝えておいた方が何かとコミュニケーションがとりやすくなります。

Comments are closed.